このプロセスの中で、最も忍耐が必要となるステージが、第5段階から第6段階の『待機期間』と呼ばれている期間です。
この期間はとても長い年月がかかります。数年以上かかることが多く、チェイサーにとって一番辛い時期かもしれません。

もし、あなたが待機期間中のチェイサーで、“自分は準備が出来ているのにランナーは遅い”と思っているとしたら、それは間違いであると忠告させて下さい。
皆さんを心から応援しているからこそ、敢えて厳しく書かせて下さい。

ランナーの準備が出来ていないということは、チェイサーも同じく準備が出来ていないということを表しています。
二つの魂はひとつの魂であり、例え肉体を持っていても二人は同じように進化していきます。相手は宇宙の最も正確な鏡です。
逆に言うと、チェイサーの準備が整えばランナーも準備が整うということになります。

チェイサーは、ただ待つのではなくチェイサーのやるべき課題を完成させるという大きな仕事があります。
チェイサーの課題である霊的覚醒というのは、決して簡単なものではありません。(最終的にはランナーも霊的覚醒は必須です。)
ツインソウルであることを知るというだけではなく、自分の心の奥底と徹底的に向き合うことが必要です。
本を読んで魂や宇宙の法則などを頭で理解することは簡単ですが、それは真の霊的覚醒とは言えず、自らの経験を元に気付き、自らの心で感じ取り、実行することが大切です。
神や宇宙の隠されていた法則を悟り、自らの玉座を自我から魂に明け渡し、物質主義を完全に手放し魂としての人生を生きなければなりません。
また、神や宇宙の法則を理解すると、ランナーとの関係の結果を神へ明け渡すことが出来るようになるでしょう。
二人の関係の結果や自我への執着を手放し、神や宇宙を完全に信頼することも重要です。

第6ステージは、ロマンチックな愛を求めるのではなく、無条件の愛を周囲へ向ける段階でもあります。
ランナーだけではなく、あなたの周囲にはたくさんの愛があるはずです。
無条件の愛で周囲のすべての人達を赦し、感謝する気持ちが高次元の周波数と共鳴します。

それぞれのやり方で進んでいって下さい。忍耐強く、決して焦らずに、自分のペースで一歩ずつ進んで下さい。
そして、神や宇宙を完全に信頼し、タイミングのすべてを神に委ねて下さい。

お互いへの愛を決して消すことは出来ないのがツインソウルの愛の証です。
二人の愛が本物なら、やがてそれが目に見える形で具現化されてきます。神や天使達やガイドが二人を結びつける為に様々な働きをしてくれるでしょう。
シンクロニシティが巻き起これば再会のステージはすぐそこです。
チェイサーの準備が整えば、それがランナーと再会する時です。

 

Copyright.©airisu fortune telling.aii right reserved.
すべての文章は著作権法により保護されています。